前厄

ひとつ前の日記の件、書いてみて状況がわかった。事の発端は家の購入と収入減で、そりゃあ1/3も給料カットされたら住宅ローン払っていくのはきついよな。民事再生を終えてもおそらく同額の住宅ローンを払い続けなければならなかったはずで、それでは根本の解決にならない。定年超えて収入はさらに減っていくわけだし。両親がだらしなかったのではなく、もともと無理でしかなかった返済計画の中で20年近くもがいてきたんだ。電話口で声を荒げて悪かった。母が妙に落ち着いた様子だったことに怒りを覚えたのだけど、そりゃあ返せない借金の苦しみから逃れられるなら家を手放して自己破産をすることも今さら厭わないと感じているのだろう。もともと贅沢をしない人たちだ。一軒家がアパートになって生活レベルが下がってもそこまで苦にならないはず。まだふたりとも働いているし。

俺にできることはなんだろう。フリーランスで働き続けることはやはりリスクな気がする。来月からスタートアップの企業でマーケティング支援をするのだけど、運がよければ(あとちゃんと成果を出せれば)社員登用もあるかもしれない。安定収入と引き換えに組織の歯車になるとまた精神的な負担を抱えることになるわけだけど、もう今は元気だ。そこまで辛い思いをせずともきっと頑張れる。

自分の生活もまだ安定してないから、まずはここから。早く両親を迎えたい。