くもり空まで 晴れにしてしまう

仕事。一旗揚げてやろうという気概が恥ずかしながらなくなってしまって、お金を安定して効率的に稼げればいいやみたいなほうにシフトしはじめている。自分にとって仕事は自己実現の手段ではなかった。今のところ、世に出したいもの、自分だからできること、そういうものがない。

自分にとって一番充実感を得られるのは、「人並みに生きている」と感じるときだ。買い物をしたり、外食をしたり、遊びに行ったり、貯蓄をしたり、親に孝行したり…。そんな普通のことさえ、これまでまともにできなかったから。普通の日々が尊い。このまま穏やかに毎日を生きてゆきたい。それが一番の願い。

たぶん、両親をこっちに呼んで一緒に暮らすって話が現実味を帯びてきたことが大きいのだと思う。そのためにはマンション買わなきゃならないし、さらにそのためには安定した収入が必要。一緒にいられる時間はあと10年もあるかどうかわからないけど、それでも。

ひとりだったらまだまだ挑戦していられた。けど今はそうじゃなくなったってことかな。

で、コロナ禍で仕事がリモート化してきているから、今後もフルリモだったら会社員に戻ってもいいかなという気がしている。

そうなると、立ち上げたかった会社だったり興したかった事業だったりが白紙になっちゃうので、その件で手伝ってくれた人には申し訳ないけど。

とりあえず今年1年はフリーで頑張ってみようと思う。長期案件がとれればフリーのほうが精神衛生上は圧倒的によいので…。